HIGHTI

廃墟兼住居。live with ruins
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | -
7/29 Darren Moore+川口貴大、ヌケメバンド、BEAST、中ザワヒデキ、o/o/o/
 7/29(日)
@八広HIGHTI
START: 18:00〜
1000円

Darren Moore (from Singapore) + 川口貴大
ヌケメバンド
BEAST (biki + Nothto)

DJ:中ザワヒデキ、o/o/o/




Darren Moore (from Singapore)
ドラマー、サウンドアーティスト、作曲家及び教育者。ジャズ・ポップス・フュージョン・フリージャズ・即興といった多種多様なスタイルでのドラム演奏や、アナログシンセ、エレクトロニクス、ラップトップを使用したパフォーマンスを行う。オーストラリア、東南アジア、日本、ヨーロッパで幅広く活動しており、主な共演者は大友良英、藤井郷子、内橋和久、Robin Fox、Yan Jun、Clayton Thomas、Will Guthrie、Jon Rose、Jim Denley等。
近年ではシンガポールを拠点とし、ラサール芸術大学にてポップ・ミュージックの教鞭も執っている。また、シンガポールの実験音楽フェスティバル「CHOPPA」のキュレーターでもあり、ジャズ・実験音楽シーンにて活躍中。今回の来日はBrian O'Reillyとの映像/サウンドユニットBlack Zenithでのツアーに始まり、Darren Moore Tokyo Quartet、梅津和時や坂口光央とのデュオに続き、HIGHTIでの出演が最終日となる。

Darren Moore is a drummer, sound artist, composer and educator.
He performs regularly as a drummer playing various styles of music including jazz, pop, fusion,free jazz and freely improvised music and also performs using analogue synthesizer, electronics and laptop. Darren is involved in several ongoing projects including The Darren Moore Quintet, Black Zenith, Omniform,Greg Lyons Trio, percussion duo with Suresh Vaidyanathan and Tim O’Dwyer Trio.He has performed extensively in Australia, South-East Asia, Japan and Europeand has performed with leading musicians in his field including: Otomo Yoshihide, Satoko Fujii, Uchihashi Kazuhisa, Robin Fox, Tim O’Dwyer, Clayton Thomas, Will Guthrie,Jon Rose, Jim Denley, Lindsay Vickery, Cat Hope, Scott Tinkler, Chris Abrahams, Tobias Delius, Johannes Bauer,Dickson Dee, Brian O’Reilly, Kris Wanders, Mike Pride, Greg Lyons,Eric Boeren, Wilbert de Joode, Robbie Avenaim,Yan Jun, Goh Lee Kwang and Suresh Vaidyanathan.Darren is currently based in Singapore where he is a lecturer in Popular Music at Lasalle College of the Arts.He is the curator of the CHOPPA experimental music festival and series in Singapore and is very active on the jazz and experimental music scenes.Darren is also pursuing a doctoral degree at Griffith University in Brisbane Australia looking at the adaptation of Carnatic Indian rhythms to drum set.



川口貴大
主に音のなるオブジェクトやさまざまな光、身の回りにあるモノで空間を構成してゆくライブパフォーマンスやインスタレーションを行う。ソロの他に自身のバンド“Hello”や村山政二朗、宇波拓、ユタ川崎との“OffCells”、江崎将史主催のアキビン吹奏楽団“アキビンオオケストラ”、大蔵雅彦による“Active Recovering Music”、“ユタカワサキバンド改めucnvバンド”のメンバーとしても活動している。


ヌケメバンド


BEAST (biki + Nothto)


中ザワヒデキ
 (なかざわ・ひでき) 

美術家。1963年新潟生まれ。千葉大学医学部在学中の1983年よりアーティスト活動開始(第一期:アクリル画)。卒業後眼科医となるも1990年、絵筆をコンピューターのマウスに持ち替えイラストレーターに転身(第二期:バカCG)。1997年、CGの画素を文字等の記号に置き換え純粋美術家に転身(第三期:方法絵画)。2006年、方法主義では禁じていた色彩を再び使用(第四期:本格絵画、新・方法、第四表現主義)。宣言「方法主義宣言」「新・方法主義宣言」。特許「三次元グラフィックス編集装置」「造形装置および方法」。著書「近代美術史テキスト」「西洋画人列伝」「現代美術史日本篇」。CD「中ザワヒデキ音楽作品集」。


o/o/o/
貰い物及び拾い物DJ。

- | permalink | comments(0)
Voicing Your Body WORKSHOP 「からだをかなでる」

HIGHTIに滞在中のメリ・ニクラによる、声と身体のワークショップが行われます。

※場所は八広HIGHTIではなく、高円寺Baby-Qスタジオになります!

以下詳細になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


7月14日(土)& 15日(日) 16:00-19:00
Baby-Q Dance Lab, 高円寺 東京

「からだをかなでる」

声とからだの再発見と即興のワークショップ

声は私たちの中の見えるものと見えないものをつなぐ橋です。そして身体はあなた自身の楽器なのです。このワークショップは気功・ヨーガ・実験的なダンスやボイストレーニングにインスピレーションを得ながら、呼吸・動き・うたを通じて、自分自身の声やからだを見つめ直します。わたしたちの声を自由自在に使うこと、自身の身体でコミュニケーションすることを学びます。きっと発見・即興・解放・楽しみ・限りない創造性につながる機会になるでしょう。

このワークショップは声・動きに関心のある方なら誰でも楽しんでいただけます。

講師:MERI NIKULAメリニクラはフィンランド出身のアーティスト。彼女の声と身体を核とした、パフォーマンス、映像を用いた作品を制作しています。

参加費:3,000円(一日のみ)/5,000円(二日間)
場所:Baby-Q Dance Studio 高円寺
http://www.baby-q.org/dance-lesson/

ワークショップのお申し込み方法 meri.nikula(at)gmail.com (080 3008 1963) 宛に、タイトルを「ワークショップ参加希望」とし、お名前、ご連絡先を明記したお申し込みメールをお送りください。



July 14.& 15. (Sat & Sun) 16:00-19:00
Baby-Q Dance Lab, Koenji, TOKYO

Your body is your instrument. Voice is the bridge between the visible and the invisible in us. In this workshop we are expanding our awareness of our voice & body through breathing, moving and vocalizing, inspired by Qi Gong, Yoga, experimental dance and vocal practices. We learn to use our voices freely and to communicate directly with our sensing bodies. We open a space for discovery and improvisation, releasing, enjoying and expressing the unlimited creativity within.

This workshop is a fun and self-revealing experience for anyone interested in voice, movement or deeper self-knowledge. 

Participation: 3000 yen/day, 5000 yen/both days 
Reservations & Info: meri.nikula(at)gmail.com, 080 3008 1963
Baby-Q Dance Lab: http://www.baby-q.org/dance-lesson/



VOICING YOUR BODY at AIT (Arts Initiative Tokyo) April 2009
Photos: Akiko Hida 


 '' I really enjoyed your workshop and it opened some new possibilities in my everyday world. In my singing, my body, all this things are still floating around.'' 



''One of the things that stroke me the most was how easy we all tuned in, and after that I had the feeling that the communication through movements is possible. I can say things without thinking in words. I can tell you things without thinking''
 

- | permalink | comments(0)
Midsummer Night's Dream
 

2012年6月23日


20:00-22:00 (Doors Open 19:00)

Entrance: 500円


Midsummer Night's Dream

Celebration of the SUMMER SOLSTICE!


夏の夜の夢 〜夏至を祝う会!〜


Improvised electro-acoustic live surround system of sounds:

エレクトロ・アコースティック・ライブ・サラウンドシステム!


ノブナガケン Nobunaga Ken (frame drum, flute, voice, percussion)

向井千惠 Chie Mukai (er-hu, voice, dance)

タケシ Takeshi (singing saw, 'uni', psaltary)

りょう Ryo (koto, voice)

マルコス・フェルナンデス Marcos Fernandes (percussion)

ジョッシュ Josh (self-made instrument)

ラルフ Rarufu (jew's harp)

メリ・ニクラ Meri Nikula (voice)


EVENT | permalink | comments(0)
4月8日 HIGHTIのイベントお知らせ


 4月8日(日)にベルリンより森本誠士さんがやってきます。

HIGHITでは、以前「ナイトサファリ」と銘打ったアーティストの花代さん率いる関連イベントを行いました。その時は森本さんにはインスタレーションの展示での参加のみでしたが、今回はライブに参加して頂く事になりました。ゲストとして佐藤実さん、フランスよりJULIE ROUSSE、川口貴大 + 山口晋似郎の二人によるデュオ、ステファン・芝辻ペランさんが参加してくれます。

ずっと交流を深めたかった&ぶつけてみたかった面々を集めての一夜となります!


2012/04/08
at HIGHTI

OPEN 18:00
START 19:00

入場料:1000円

森本誠士 (Berlin)
佐藤実-m/s,SASW
JULIE ROUSSE (France)
川口貴大 + 山口晋似郎
ステファン・芝辻ペラン



****

森本誠士 

1971年生。国立音楽大学在籍時の1993年より活動開始。2003年、ベルリンに移住。以降、ヨーロッパ各地の展覧会、フェスティバル等に出品/出演し、サウンドパフォーマンス、インスタレーション作品を発表。


佐藤実-m/s,SASW

89年よりm/s名義で活動を始める。1994-200年レーベル「WrK」を運営。 自然記述と美術表現の関係に関心を持ち、物理現象やテクストを用いたインスタレーション、パフォーマンス、執筆などの制作活動を行っている。 主に海外の美術展への出品、CD・LPのリリース、ソロやASUNAとのライブ活動、「IL GRANDE SILENZIO」「f u r」でのバンド活動がある。


JULIE ROUSSE

Born in 1979.
Lives and works in Paris. Composer, improviser.
Laptop. Fieldrecordings. Dreams.

Self-taught sound artist, it is in theatre she made her first steps as a noise composer in Montreal. 

Collector of sounds she finds in the streets of the world, this raw material is for her an infinite source of rhythms and colours, which she shapes with real time sound treatment software – real time being the essential element of her spontaneous and chaotic approach.

Her main idea is to regain an organic feeling in music by means of electronic devices and improvisational acts. Working between composition and improvisation, she has developed her very own resonant and poetic universe, with a marked taste for abstract narration, turbulence of details and inextricable disorder of life.

Within her solo performances, she oftenly collaborates with artists of other disciplines.
Sound Installations (with visual artist Georges Rousse or alone). Soundtracks for animation movies (with graphic novelist Thierry Van Hasselt). Composition and live interpretation for theatre and performance (with the Collectivo Infame that she has cofounded with Felipe Durand and Joe, Jack and John in Montreal) and dance (with Karine Denault or Namiko Gahier). Compositions for movies and photographic documentaries (with Celine Lixon and Sandra Calligaro). Radiophonic creation (ARTE Radio). Promoter of events (Hiatus Nights).

Her work has been shown in France, Canada, USA, Chile, Croatia, Germany, Belgium, Lituania, Netherlands - in  international music festivals and venues.

Her solo project is called The House of Dreams.
A duo with Gabriel Hernandez (aka Gogooo) is called The Dead Cats.
She has been a member of various duos, trios, and improvisation collectives - from Montreal to Paris - and has participated in many other events that she has sometimes promoted herself… She played with reknown sound artists such as Martin Tétrault, Diane Labrosse, Alexandre Saint-Onge, Alexis O’Hara, Crys Cole...

Her pieces have been published on the labels Sub Rosa (2010), TsukuBoshi (2010) and the NetLabels NoType (2001), Con-V (2004) and Just Not Normal (2009).


川口貴大 + 山口晋似郎

川口貴大

主に音のなるオブジェクトやさまざまな光、身の回りにあるモノで空間を構成してゆくライブパフォーマンスやインスタレーションを行う。
ソロの他に自身のバンド“Hello”や村山政二朗、宇波拓、ユタ川崎との“OffCells”、江崎将史主催のアキビン吹奏楽団“アキビンオオケストラ”、大蔵雅彦による“Active Recovering Music”、“ユタカワサキバンド改めucnvバンド”のメンバーとしても活動している。

山口晋似郎

オーディオ・ミキサーやギター、その他のものなどを使用した作曲と演奏について考えている。2008年10月Cherry Musicよりソロで『郊外』、2009年6月FtarriよりHello (Takahiro Kawaguchi + Shinjiro Yamaguchi) で『Hello』が発表された。


ステファン・芝辻ペラン

東京都在住のノイズパフォーマー。サウンドアーティスト。
2007年よりDroise、光線獣、人間ドッグオーケストラなどの名義で活動を行う。アルコール探知機でサウンドを変化させていく自作インターフェイスによるプロジェクト[Nunk on Droise]や、ブラウン管テレビを使ったオーディオビジュアルなノイズ・パフォーマンス・ユニット[TV Bug]でも活動。

- | permalink | comments(0)
1/28 ELEMENTAL COLLISIONS 永田塁くんとペーパーアンサンブルがやってきます!

2012/1/28
ELEMENTAL COLLISIONS

@八広HIGHTI
18:00-22:00
エントランス:1000円


札幌で活動している永田塁くん、アムステルダムからは The Paper Ensemble をお招きして2012年最初のHIGHTIイベントを行います!



永田塁くんは札幌でアンプと相撲を取ったり、ドラム缶と相撲をとったりするソロ演奏(?)や MEAT COP というハードコアバンドで活躍しており、たくさんのアーティストやバンドを北海道に招聘したりする札幌の重要人物でもあります。以前 Motallica も呼んで頂いた事もあり、今回はそのお返しとしての企画でもあります。
翌日の1/29 桜台pool にも塁くん出ますのでそちらも是非!

対して、The Paper Ensemble はアムステルダムで活躍する、紙だけを使って世界各国で演奏/パフォーマンスをしているグループです。今回はオランダ大使館からの助成を受けての来日となります。


歌う(叫ぶ)インプロデュオ HUH(ハー)と 六本木スーパーデラックスでの長寿マンスリーイベント「TestTone」の首謀 Cal Lyall の水面演奏デュオ。


フィンランドのメリ・ニクラとモタリカも今回は、タイトル「ELEMENTAL COLLISIONS」にあるように”モノ”などを使った演奏を行う予定です。




永田塁 Rui Nagata (札幌)
札幌市在住。1999年頃より自宅録音を始め、現在はバンド“MEAT COP”で活動。そのほかにドラム缶などの物体と自身との関わりを模索する試みを行っている。


The Paper Ensemble (Amsterdam)
ペーパー・アンサンブルは4人の奏者によるアンサンブルとして、ヨハン・ファン・トルによって結成された。 3年間におよぶ、時間と音、楽器のデザインとの関係についてのリサーチを経て、紙を素材にした楽器によるパフォーマンスにたどりついた。「聴くこと」にフォーカスした公演である。
[プロフィール]ヨハン・ファン・トル(1983)は2年間にわたり、紙から生まれる「音」のリサーチを続けており、多くのパフォーマンスや驚くべき「サウンド」の発見は、高い評価を受けている。彼は、最もシンプルな素材の中に隠されているたくさんの発見の中から、最もラディカルな結果を導き出す方法で、作品の創作、パフォーマンスを行っている。


HUH + Cal Lyall

HUH (ハー)
(L to R)モリ タクマ、テラダ キョウスケ、による歌う(叫ぶ)インプロデュオ

2007年7月 結成
2008年3月 パソコンでの楽曲制作を自主規制
2008年12月 ライブを全て即興でやり始める
2009年10月から、盟友エポケーとの3ヶ月連続共同企画「ハみトびSE!」を行う
2010年2月 下北沢THREEにて、初の自主企画イベント「強く押す」を行う
2011年3月 高田馬場音楽館にて、ゲバ棒、conductor AMOEBA、scumと共同企画「新梨園」を行う
2011年4月 下北沢THREEにて、自主企画イベント「強く押す #2」を行う
2011年8月 下北沢THREEにて、VAU!との共同企画イベント「Suck my police!!! vol.1」を行う
2011年9月 高田馬場音楽館にて、disk-3、scumと共同企画「SQUIRM」を行う
2011年11月 高田馬場音楽館にて、disk-3、scumと共同企画「SQUIRM vol.2」を行う

Cal Lyall
六本木スーパーデラックスでのマンスリー長寿イベント「test Tone」オーガナイザー。東京カルチャーの重要人物。

Meri Nikula
フィンランド出身。音楽、演劇、ダンス、ヴィジュアルアートの分野で幅広く活躍している。歌手やフルート奏者として、ジャズ、クラシック、民族音楽を演奏するほか、即興音楽活動も行う。ヴィジュアルアーティストとして映像制作を行う上で、彼女の声と身体は重要な役割を果たす。自身の声を重ね合わせる手法と、未加工で抽象的なものから穏やかで天使のような様々なヴォーカルテクニックを使ったコンセプト「ヴォーカル・モザイク」を生み出す。

Motallica
ドラムとコンピュータ制御で動き回るウーハーなど自作楽器のバンド。毎回やることが違う。



- | permalink | comments(0)
12/11 台湾のカーニバルと原住民のBatucada 上映会
おなじみ翁長巳酉さんの新作映像の上映会を行います。
今回はなんと台湾のサンバカーニバルです。
サンバのダンスレッスンも行います。


新作「SAMBA DANCE 3」上映会
「台湾のサンバの全貌」ドキュメンタリー

12月11日

ダンス講座 
16:00〜17:00 (参加費500円)

上映会
18:00〜20:00 (参加費500円)

 ・台北でのアナーキーなカーニバル
 ・少数民族の原住民のバツカーダ


DVD格安販売もあります。






監督プロフィール:
翁長巳酉(おながみどり)
沖縄出身。80年代に「暗黒大陸じゃたら」「CHICA-BOOM」に在籍。
その後90年〜2002年ブラジル在住。サンパウロ・リオのサンバチームで10年間
バテリアでカーニバルに出場。演劇「Dragon 7」の伴奏でポルトガル、カーボ・ベルデ、フランス公演。MPBの「A Quatro Vozes」でキューバ公演。現地のグループ各種で演奏。モザンビーク、ジンバブエでブラジル音楽の打楽器のルーツを収録し、CDを発売。ブラジル各地の伝統芸能の収集を始める。帰国後、板橋文夫グループでジャズフェスなどで共演。2005年にはチュニジア、モロッコ公演を行う。現在、自己のグループをいくつものシーンで展開し、各地でライブや打楽器講座を行う。おおたか静流氏のCDに参加。NHKの日本語で遊ぼうの「ぴっとんへべへべ」にボディパーカッションの振り付けを行う。またNHKのアナウンサーによる語りの国立劇場での伴奏を担当。ジャズミュージシャンのアケタ氏のオカリナオーケストラで韓国公演。
2006年から、日本に知られてないブラジルの伝統芸能やアフロブラジルのルーツ映像をみずから撮影編集した「Deep Brasil」シリーズ大好評。2008年は明治大学や浜松楽器博物館、国際フォーラム、ブリジストン美術館、川崎ミュージアム等でも上映とワークショップを開催。2009年5月から沖縄に拠点。
- | permalink | comments(0)