HIGHTI

廃墟兼住居。live with ruins
5/29(Sun) Saudaá Group, OPQ+Shibata, Masaru Aikawa + Yuko Ozawa


5/29(Sun)

Saudaá Group (Paris)
OPQ+Shibata
Masaru Aikawa + Yuko Ozawa

OPEN 17:00
START 18:00
1000yen


フランスのパリからBARREL ORGAN(手廻しオルガン)と共に世界中を旅しているAlexis PaulがSaudaá Group名義として演奏を行います。Alexisはフランス国内でHumanist Recordsというレーベルを運営し、同レーベルのHumanist SK Festivalというフェスティバル等を仲間と共に開催したりしています。今回は特別ゲストに箏奏者である今西玲子さんが参加し、演奏を行う予定です。

OPQは日用品や玩具や改造電子楽器を自作のシステムで制御し、実に叙情的な音楽を創造する演奏家です。彼のInstagramでからもわかるように、日々その装置は実験を繰り返し、その進化は留まることなく継続的にアップデートされ続けています。そして鳥取トリ・レーベルのボルゾイやnan!ka?やAsunaとのコラボレーションでも知られるshibataとのユニットOPQ+Shibataで演奏します。

HIGHTIのリーダーこと相川勝はCDを完コピする作品、写真や映像の作品で知られ、美術家の小沢裕子は映像や音声、テキストを使って認識を揺るがす作品を制作しています。展示やパフォーマンスで度々コラボレーションを重ねており、今回は音を声に変換し、声を音声自動文字化ソフトでテキストに変換し、テキストを再び声に変換するパフォーマンスを行います。

Saudaá Group
http://www.streetorganritornellos.com/
https://www.facebook.com/streetorganritornellos/


今西玲子
http://soundquest.exblog.jp/
箏とエレクトロニクスを用いた楽曲や即興演奏で国内外の表現者との共演を重ね、現代ならではの箏の音色を引き出す試みを続ける。SonarSoundTokyo、CampOff-Tone、音泉温楽、JazzArtせんがわ等フェスからパリコレ、伊勢神宮はじめ寺社での御奉納まで幅広いフィールドで伝統の上に立つ革新性としなやかな音楽的センスが注目される。独自奏法による豊かで静謐な響きは聴き手に新鮮な体験をもたらす。


OPQ+Shibata


Masaru AIkawa / 相川勝
masaruaikwa.com

Yuko Ozawa / 小沢裕子
pa03040yo.web.fc2.com



Fryer art work:
Paula Duró
http://www.pauladuro.com.ar/

--
※苦情になってしまうので、Hightiのドアの外でのタバコは厳禁です!中でお願いします!(1階2階どちらも敷地内すべて×)
外で吸いたい時は屋上か、道路まで出て喫煙お願いします。

Accses to HIGHTI:
http://highti.jugem.jp/?eid=2
 
- | permalink | comments(0)
4/29(Fri) Martin Taxt (Norway), Satoshi Kanda + Satoshi Yashiro


Martin Taxt (Norway)
Satoshi Kanda + Satoshi Yashiro

4/29(金・祝)
OPEN 16:00
START 17:00
1000yen

ノルウェーのチューバ奏者のマッティンさんを招いて演奏会をします。
マッティンさんは2016年4月から中村としまるさんとのデュオ、pan on fireで国内ツアーを回っています。
また自身でもレーベルを運営していたり、ノルウェーの芸術家集団「Verdensteatret(ヴェルデンステアトレ)」のメンバーとしても精力的に活動しています。
マッティンさんのソロと、度々共演している神田・矢代のデュオの2本を予定しています。

Martin Taxt
http://www.taxt.no/

神田聡 Satoshi Kanda
http://satoshikanda.herokuapp.com/

矢代諭史 Satoshi Yashiro
http://www.ss846.com/
 
- | permalink | comments(0)
4/3(Sun) MOBIUMツアーファイナル!活動報告、Suzueri, PHIRIP, Motallica


MOBIUM FINAL TOUR

移動型バスミュージアム・MOBIUMがバス老朽化のため、今年でラストとなってしまうようです。
名古屋のloziくんこと河村陽介くんが何やらバスの免許を取って面白い事を考えている、と聞いたのが2004年くらいだったと思います。HIGHTIでも過去に2回関連イベントをやってきました。

今回はそのファイナルツアーの最後にHIGHTIではMOBIUM活動報告会に加えて関わりのあった人達のイベントを行います。
HIGHTIの不要品セールや0円ショップ、PHIRIPさんのわらび餅も登場するかもです!
 

移動型バスミュージアム・MOBIUMは今年度で10周年を迎えます。これまでにさまざまな場所に赴き、各地の方とコラボレートやワークショップ、イベントを行うなど、活動を行ってきました。
記念すべき10周年となりますが、それと同時に車体の老朽化や、また古い年式のため進入のできない排ガス規制のエリアが拡大しつつあることもあり今回、MOBIUM FINAL TOURとして、これまでお世話になった方々や場所にお礼を兼ねてツアーを行ないます。
このツアーでは1年間かけてプロジェクトメンバーとともに移動に関するアイデアを意見交換し、制作を行った作品を搭載して各地に訪れます。東京では排ガス規制で入れないため、活動報告会を行います。


2016年4月3日(日)
OPEN: 17:00
START: 18:00
Donation: 500yen

MOBIUM活動報告
すずえり
PHIRIP
Motallica
フリーマーケット


---

2005年に彼らのバスプロジェクト「MONIUM」でフランスのSHOBOSHOBOクルー達を連れてHIGHTIに滞在してイベントをする企画を行いました。

当時の写真:http://highti.s147.xrea.com/p/shobus/


2008年にもminifer、lucky dragons、douglas lee、おにんこ+中原昌也、2upと楽しいメンツでもイベントを行いました。






 
- | permalink | comments(0)
2/8 (Sat) Pet Sex (Marfa and Ne-af from LA) & 2up & aoi swimming & Nan!ka?


10年ぶりのメンツでのライブです!
Hightiでの最初のライブとなった(2004年!)LAのMarfa and Ne-afが、
Pet Sexと名前を変えて再びHightiでライブをします。
しばらくHightiで大きい音のライブは控えてましたが、
今回はせっかくなので久々に2upもライブをします!

※開始時間が早いのでご注意ください!!
※苦情になってしまうので、Hightiのドアの外でのタバコは厳禁です!中でお願いします!(1階2階どちらも敷地内すべて×)
外で吸いたい時は屋上か、道路まで出て喫煙お願いします。


2014年2月8日(土)

Open16:00 Start16:30 
Donation 500 yen

フード・ドリンクあり

2up 
碧衣スイミング(ex-角煮)
Nan!ka? 
Pet Sex (from LA)


16:00 オープン
16:30-17:00 2up
17:30-18:00 aoi swimming
18:20-18:50 Nan!ka?
19:10-19:40 Pet Sex (from LA)


演奏者紹介:

2up(アップアップ)

活力に満ちた曲調が多く、変拍子の多用、芸術性の流出な どが起こりやすいパンクロックです。
http:// 2upmusic.wordpress.com/

碧衣スイミング
北海道で角煮というバンドを経て、上京&ソロ活動中。
「えばりんぼポップ」を提唱している彼女は、カシオトー ンを使った弾き語りスタイルです。
http:// aoiswimming.blog94.fc2.com/

Nan!ka? 
nan!ka?はマコメロジーやマヘル・シャラル・ハシ ュ・バズ.Ios
doroncosのメンバーとして活動するマコハセガワ と鳥取のボルゾイの片割れ、AsunaやOPQとのコラ ボレーションで人気のshibatとの最新デュオ。今回 、ハイチでの演奏は二回目となります。
http://www.youtube.com/ watch?v=LUZ5ri1fIAI
http://d.hatena.ne.jp/ ma-yang/

Pet Sex (from LA)
元Marfa and Ne-afとして2004年にHightiで演奏したこ とのある男女デュオ。10年前よりもさらに洗練されたゆ るさが熱い。
Maren McConnellは元The Peppermints, Anti-Quarkとしても知られる。
Geoff Longは2003年に2upのレコーディングをしてく れた録音エンジニア、またLAのEagle Rockにて録音スタジオを運営している。
http:// www.reverbnation.com/petsex
about HIGHTI | permalink | comments(0)
10/27 Sun. 「フェギドン・タンピョンソン来日ツアー」 アフターパーティー


10.27 (SUN)
START: 18:00
CHARGE: 500円
予約不要
DJ: ニコール、永岡裕介、谷内栄樹、satoshi yashiro

タンピョンソン!
タンピョンソン!!
タンピョンソン!!!

タンピョンソンは先日ソウルで少しだけ話しました。
彼の活動や唄についても話を聞きたかったが、JARIPの討論会へ急いでいたため改めて話を伺う良い機会かと思います。

カフェrulooralaでは彼の唄がずーっと流れていたのを覚えています。

※ツアーのアフター・パーティー的イベントです。
フェギドン・ タンピョンソンのミニ・ライブや料理(本人による韓国料理も!)あり!

 

 

<フェギドン・タンピョンソンprofile>
1986年ソウル生まれ。
2006年に活動を開始したサイケデリック・フォーク・ミュージシャン。
韓国の昔の歌謡曲のほか、アメリカやイギリスのインディー・ロックやアンダーグラウンド・フォークなど、数多くのジャンルの音楽から受けた影響を伝統的なフォークミュージックのフォーマットに乗せて独特なサウンドを生み出している。
音楽家としてだけでなく、アクティビストやフリーのライターとしても活動中。
2010年以来、JARIP(自立音楽生産組合)の実行委員も務める。
2012年4月に1stアルバム「백년」(A hundred years / 百年)を、2013年6月にEP「처녀」(The Virgin / 處女)を発売。
*フェギドン・タンピョンソン(回基洞短編選)の名前の由来:「回基洞」は通っていた大学の近所の地名。近所での青春に関連するショートストーリー(短編選)を音楽で表現したいと思ったから。
http://danpyunsun.tumblr.com/
- | permalink | comments(0)
10/25 Fri. 「姉さん、兄さん、ちょいとちょいと」

10/25(Fri)
open 19:30 当日 500円
 
出演:
ネイサン・トンプソン
車輪 (高橋達也+斉田一樹) 
nan!ka?(ハセガワマコ+シバタ)+OPQ
毛利悠子+堀尾寛太(トーク)


買い物に出かけ、商品を眺め、ふと横を見たら知り合いが居た。
そのような経験をしたことがあるだろうか。
オーストラリア出身のネイサン・トンプソンはかつて大阪に住んでいた。

日本橋の電子パーツ屋デジットで、ふと横を見たら梅田哲也やネイサン・トンプソンがパーツを物色している。
秋葉原の千石電商で、ふと横を見たら斉田一樹や堀尾寛太がパーツを物色している。

そのような光景が、ある時期の日本にはあったのだ。いや、まだあるのかもしれない。

以下はネイサン・トンプソンのプロフィールである。
 
I.n0jaQ (アイノージャック/ネイサン・トンプソン)
わい今オーストラリア西海岸におりまんねんけど、前は大阪住んでましてん。いろんなメディアを操って、なんやヨットと砂漠を太陽光発電の弦楽器でつないだインタラクティブなサウンドインスタレーションやったり、人間のジェスチャーをもとに電子回路をコントロールするデバイスなんちゃらかんちゃらつくってまんねん。今回は、自作楽器の新作であるAKS KIBAKOを持っていきまっせ。手書きの紙をタンテにのっけてシーケンスを制御しまんねん。アナログシンセを一緒につかいおま。
 
 



 
Check
- | permalink | comments(0)