HIGHTI

廃墟兼住居。live with ruins
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
- | permalink | -
2/8 (Sat) Pet Sex (Marfa and Ne-af from LA) & 2up & aoi swimming & Nan!ka?


10年ぶりのメンツでのライブです!
Hightiでの最初のライブとなった(2004年!)LAのMarfa and Ne-afが、
Pet Sexと名前を変えて再びHightiでライブをします。
しばらくHightiで大きい音のライブは控えてましたが、
今回はせっかくなので久々に2upもライブをします!

※開始時間が早いのでご注意ください!!
※苦情になってしまうので、Hightiのドアの外でのタバコは厳禁です!中でお願いします!(1階2階どちらも敷地内すべて×)
外で吸いたい時は屋上か、道路まで出て喫煙お願いします。


2014年2月8日(土)

Open16:00 Start16:30 
Donation 500 yen

フード・ドリンクあり

2up 
碧衣スイミング(ex-角煮)
Nan!ka? 
Pet Sex (from LA)


16:00 オープン
16:30-17:00 2up
17:30-18:00 aoi swimming
18:20-18:50 Nan!ka?
19:10-19:40 Pet Sex (from LA)


演奏者紹介:

2up(アップアップ)

活力に満ちた曲調が多く、変拍子の多用、芸術性の流出な どが起こりやすいパンクロックです。
http:// 2upmusic.wordpress.com/

碧衣スイミング
北海道で角煮というバンドを経て、上京&ソロ活動中。
「えばりんぼポップ」を提唱している彼女は、カシオトー ンを使った弾き語りスタイルです。
http:// aoiswimming.blog94.fc2.com/

Nan!ka? 
nan!ka?はマコメロジーやマヘル・シャラル・ハシ ュ・バズ.Ios
doroncosのメンバーとして活動するマコハセガワ と鳥取のボルゾイの片割れ、AsunaやOPQとのコラ ボレーションで人気のshibatとの最新デュオ。今回 、ハイチでの演奏は二回目となります。
http://www.youtube.com/ watch?v=LUZ5ri1fIAI
http://d.hatena.ne.jp/ ma-yang/

Pet Sex (from LA)
元Marfa and Ne-afとして2004年にHightiで演奏したこ とのある男女デュオ。10年前よりもさらに洗練されたゆ るさが熱い。
Maren McConnellは元The Peppermints, Anti-Quarkとしても知られる。
Geoff Longは2003年に2upのレコーディングをしてく れた録音エンジニア、またLAのEagle Rockにて録音スタジオを運営している。
http:// www.reverbnation.com/petsex
about HIGHTI | permalink | comments(0)
10/27 Sun. 「フェギドン・タンピョンソン来日ツアー」 アフターパーティー


10.27 (SUN)
START: 18:00
CHARGE: 500円
予約不要
DJ: ニコール、永岡裕介、谷内栄樹、satoshi yashiro

タンピョンソン!
タンピョンソン!!
タンピョンソン!!!

タンピョンソンは先日ソウルで少しだけ話しました。
彼の活動や唄についても話を聞きたかったが、JARIPの討論会へ急いでいたため改めて話を伺う良い機会かと思います。

カフェrulooralaでは彼の唄がずーっと流れていたのを覚えています。

※ツアーのアフター・パーティー的イベントです。
フェギドン・ タンピョンソンのミニ・ライブや料理(本人による韓国料理も!)あり!

 

 

<フェギドン・タンピョンソンprofile>
1986年ソウル生まれ。
2006年に活動を開始したサイケデリック・フォーク・ミュージシャン。
韓国の昔の歌謡曲のほか、アメリカやイギリスのインディー・ロックやアンダーグラウンド・フォークなど、数多くのジャンルの音楽から受けた影響を伝統的なフォークミュージックのフォーマットに乗せて独特なサウンドを生み出している。
音楽家としてだけでなく、アクティビストやフリーのライターとしても活動中。
2010年以来、JARIP(自立音楽生産組合)の実行委員も務める。
2012年4月に1stアルバム「백년」(A hundred years / 百年)を、2013年6月にEP「처녀」(The Virgin / 處女)を発売。
*フェギドン・タンピョンソン(回基洞短編選)の名前の由来:「回基洞」は通っていた大学の近所の地名。近所での青春に関連するショートストーリー(短編選)を音楽で表現したいと思ったから。
http://danpyunsun.tumblr.com/
- | permalink | comments(0)
10/25 Fri. 「姉さん、兄さん、ちょいとちょいと」

10/25(Fri)
open 19:30 当日 500円
 
出演:
ネイサン・トンプソン
車輪 (高橋達也+斉田一樹) 
nan!ka?(ハセガワマコ+シバタ)+OPQ
毛利悠子+堀尾寛太(トーク)


買い物に出かけ、商品を眺め、ふと横を見たら知り合いが居た。
そのような経験をしたことがあるだろうか。
オーストラリア出身のネイサン・トンプソンはかつて大阪に住んでいた。

日本橋の電子パーツ屋デジットで、ふと横を見たら梅田哲也やネイサン・トンプソンがパーツを物色している。
秋葉原の千石電商で、ふと横を見たら斉田一樹や堀尾寛太がパーツを物色している。

そのような光景が、ある時期の日本にはあったのだ。いや、まだあるのかもしれない。

以下はネイサン・トンプソンのプロフィールである。
 
I.n0jaQ (アイノージャック/ネイサン・トンプソン)
わい今オーストラリア西海岸におりまんねんけど、前は大阪住んでましてん。いろんなメディアを操って、なんやヨットと砂漠を太陽光発電の弦楽器でつないだインタラクティブなサウンドインスタレーションやったり、人間のジェスチャーをもとに電子回路をコントロールするデバイスなんちゃらかんちゃらつくってまんねん。今回は、自作楽器の新作であるAKS KIBAKOを持っていきまっせ。手書きの紙をタンテにのっけてシーケンスを制御しまんねん。アナログシンセを一緒につかいおま。
 
 



 
- | permalink | comments(0)
7/6 レコード鑑賞会&パク君さよなら会
韓国から滞在中のパク君が帰るので、岸野さんとご飯でも食べましょうと話していたら、せっかくなのでレコード会しましょうという話しになり、パク君のフェアウェルパーティーを兼ねた何とも素晴らしいメンツが参加する催しになりました!

近年は知られざる台湾レコードの発掘&紹介している岸野雄一さん、同じく台湾調査隊の一員でありBE-WAVEやRADIODROMEでのDJも超好評アーバン王子な谷内栄樹さん、今回の中では最年少にも関わらず世界中の音楽に耳を傾けていてiPhoneの中には古いコリアンポップやサイケが詰まっている韓国の重要オーガナイザー/レーベルオーナー/演奏家のパク・ダハム(박다함/Park Daham)、HIGHTI初期からパーティーにGABBA GABBA HEYの旗やDEVOやキング・タビーの帽子(紙製)、ノイバウテンのロゴぬいぐるみを自作して持ってくる手先が器用すぎる絵描きの永岡裕介さん、そしてタイの音楽を紹介していてMAFT SAIなどを呼んでいるSOI48クルーの方に参加していただきます!!!



7/6()
@HIGHTI 17:00くらいから〜 入場:500円

レコード&音源かける人
岸野雄一(Yuichi Kishino) http://www3.tky.3web.ne.jp/~gamakazz/kishino/
谷内栄樹(Hideki Yachi) https://twitter.com/hidekiyati
パク・ダハム(Park Daham) http://helicopterseoul.tumblr.com/
永岡裕介(Yusuke Nagaoka) http://www.yusukenagaoka.com/
Soi48 http://soi48.blogspot.jp/
その他適当にかけたり、Youtube見たり

- | permalink | comments(0)
6/22 BBQやります

今週土曜日、久々のBBQ会をやります!
韓国のPark Dahamくんがしばらく家に滞在するので、そのウェルカムパーティー兼ねてます。いつものようにオープンなイベントなので、どなたでもお気軽にどうぞ。
食べ物・飲み物は基本用意してありますが、差入れも持ち込みも大歓迎です!

BBQ前にはドラム缶を真っ二つに切ってBBQコンロを作ってみる!の会も行います。

6月22日14時ドラム缶カット、BBQ15時くらいから
屋根があるので基本的には雨天決行

場所:ハイチ屋上

やること:ドラム缶真っ二つ、BBQなど

ぜひ!!!!!!!

EVENT | permalink | comments(0)
3/30 Tron & Juan Pablo Villegas メキシカン・ディナーパーティー
 

3/30(土)HIGHTI 八広
“メキシコ料理の夕べ”
live performance by Tron and Juan Pablo Villegas
OPEN: 18:00
DOOR: 500円

皆さんでメキシコ料理を食べたり、メキシコ人のオススメするyoutube videoを教えてもらったりします。

そして、続々と「食いまくる」TRON新作クリップが送られてきた。

今回Juan Pablo Villegas(フアン・パブロ・ビレガス)が来日できなくなってしまいました。 ビザの許可が降りず、アメリカへの入国ができなかったとの事です。 日本へのフライトにはアメリカへの入国が必須のようで、誠に残念ですがキャンセルせざるを得ないとの連絡がありました。楽しみにしていた皆さんすみません!が、アレックスは自前のタコススタンドも所有し、ギリシア料理店で働いていたという経歴もあり、美味いものを作ってくれそうです!!食おう!!

メキシコはD.F.そしてバハカルフォルにアから2人のアーティストがやってきます!
日本ツアーの一環で、2up俵屋氏によるサポート&ツアーフライヤーなど、楽しみどころ満載!
HIGHTIでは二人のライブ(爆音ではない)の他、メキシコ料理を味わう会、メキシコのYouTubeを鑑賞しあう会、になる予定!

何が起こるかわかりませんが、一線を画した何かになる気配がびんびんです。!




-----
TRON(トロン)
2009年の夏に炎天下のメキシコ、バハ・カリフォルニア州にて結成。
結成当初は二人組のノイズコアバンドだったが、その後ALEJANDRO TONELLA GONZALEZ(通称ALEX)
一人のノイズプロジェクトとなる。
最近ではメキシコのSTATE ARTS CENTERで行われたフェス「THE INTERNATIONAL EXPERIMENTAL
SOUNDS」や、「THE BAJA DEATH FEST」への出演するなど、実験音楽や爆音系バンドとの共演が多い。
他にもメキシコでのブッキングを精力的にしており、TRAGATELO (Martin from LOS CRUDOS)  - ERASE
ERATA  -ALL LEATHER  -UPSILON ACRUX  -YEAR FUTURE -INNERDS -2UP
などのメキシコ公演のサポートを務める。
過去のリリースは2010年自主制作のCDR “Stay fat or die”(太るか死ぬか)、また今回は日本ツアー限定の
CDを持ってくる予定。

そんなトロンが今回はテキーラを引っさげての初来日!
THE・暴れる豚!時として静かな豚として、東京にて無謀の4ギグ。
千葉の柏でのライブでは本物の豚と間違われて屠殺されるかもしれない!?

公式HP
http://tronmx.tumblr.com




Juan Pablo Villegas(フアン・パブロ・ビレガス)
フアン・パブロ・ビレガスはメキシコ出身のサウンド・アーティストです。
集学的音楽家と自らで名乗るそのポジションは、映画学、サウンドアート、写真学、料理学、教育学、電気工学
の分岐点、また境界点に位置づけられている。
それぞれの分野を研究するにあたり、その領域を拡張する行為自体が母体となっている。
これまでツアーしてきた土地はメキシコ、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、南アメリカまでと幅広い。
日本には2006年に訪れ、イベント「Hybrid City」に招かれパフォーマンスを行う。
今回は二回目の来日である。

過去に公演経験のあるフェスティバル:
FMEL (Chicago, USA), Nweamo (New York, USA), Bent Festival (New
York, USA), Bochum Video Festival(Bochum, Germany), Festival of Sound Art
(Mexico City, Mexico), Mutek (Mexico City, Mexico)


公式HP
http://jpvd.org




===
おもしろそうな二人・・!


「教祖ラッシュ」と日本語でタイトルが付けられたナゾのビデオ。
http://www.youtube.com/watch?v=mG0ZKX7kNvM
メキシコのグラインド・コアバンドのビデオに勝手に友情出演するALEX。
http://www.youtube.com/watch?v=lEChHkUtsOs&feature=player_embedded
実際のライブはこんな感じでやってるALEX。
http://www.youtube.com/watch?v=mDbAziZX0Ko&feature=player_embedded

- | permalink | comments(0)